NFTは死んでいない-有名なドージコイン犬の写真は4万ドルで売られています...

コメントはありません
ドージ写真NFT

ドージコイン(DOGE)の顔として知られている笑顔の柴犬であるカボスの写真は、昨日11月4日に非代替トークン(NFT)としてXNUMX万米ドルで販売されました。

最近のNFTの売り上げの減少は、人々が最初のNFTの誇大宣伝によって引き起こされた衝動買いをしていることを示していますが、その背後にある意味や記憶のある画像は依然として高額な価格を取得できます。

14歳になった伝説のペットはこれまで以上に有名です...

の販売 iconic画像はによって編成されました NFTゾラ インターネットミームデータベースであるKnowYourMemeによるキュレーターシップを備えたオークションサイト。

オークションは 9 月 2010 日に始まり、かぼすのオーナーである佐藤敦子という日本在住の教師によって発表されました。 彼女は最初にInstagramでフォロワーにそれを発表し、XNUMX年の写真撮影の元のミームと画像をNFTとして作成することに決めたと述べました。

しかし、自分の小さな個人ブログに投稿した画像があちこちに広がっているのを初めて見たとき、彼女は「おびえた」...

「カボスのミームを初めて知ったときは、とても驚きました。 ブログに何気なく投稿した写真がXNUMX枚だけで世界中の知らない場所に広がるのではないかと思って怖かったです。」 佐藤は言った。

彼女はそれがどのように起こったかを説明した 「ブログを更新するために写真を撮りました。 私は毎日たくさん写真を撮っているので、その日は異常なことではありませんでした。 カボスは写真を撮るのが大好きなので、カメラを自分の方に向けてくれて嬉しかったです。」

佐藤氏は、オークションは慈善目的であると述べた。

-------  
聖火リレートーチ アダム·リー
アジアニュースデスク 暗号解読ニュース

コメントはありません