ラベル付きの投稿を表示しています vaneck bitcoin etf. すべての投稿を表示
ラベル付きの投稿を表示しています vaneck bitcoin etf. すべての投稿を表示

VanEck、提案されているビットコインETFのティッカーシンボル「HODL」を申請...

ヴァネックETFホドル

大手資産管理会社バンエックは、スポットビットコイン上場投資信託(ETF)のXNUMX回目の修正申請を提出した。 この動きは、仮想通貨の進化と主流の金融市場への統合における新たな章となる。

VanEck が提案する ETF は、独自のティッカー シンボル「HODL」で取引されます。

ビットコインコミュニティ内で広く使用されている用語。 「HODL」は「Hold on for dear life」の略で、個人が市場の変動に動じずにビットコインを購入して保持する長期的な投資戦略を表しています。 このティッカーの選択は、ビットコインコミュニティの中核的価値観とヴァンエックの連携を反映しており、仮想通貨の長期的な可能性を強調しています。

アナリストらは「HODL」ティッカーに関してさまざまな意見を述べている。 The ETF Store社長のネイト・ゲラシ氏は、仮想通貨に精通した投資家には共感を呼ぶだろうが、伝統的な投資家にとっては直感的ではないかもしれないと考えている。 ブルームバーグ・インテリジェンスのシニアETFアナリスト、エリック・バルチュナス氏は、これを大胆かつ型破りなアプローチとみており、ブラックロックやフィデリティなどの他の企業に見られるより保守的な選択とは対照的である。

ビットコインETFの発売を競う企業は世界最大の金融洞察力を持っている。

ビットコインの最近の価格上昇を正当化するものの一つは、仮想通貨ベースのETFの立ち上げに興味を持っている企業が文字通り世界最大かつ最も強力な金融会社であるということだ。 著名な企業としては、BlackRock、Fidelity、Valkyrie、Franklin Templeton などが挙げられます。

SEC はこれらの申請に対する明確な立場をまだ示していないが、提案の技術的側面に対処するために企業との協議を引き続き積極的に行っている。

VanEckは、早ければ2024年XNUMX月にもスポットビットコインETFのSEC承認を期待しています...

承認後の第2.4四半期にはXNUMX億ドルの流入が見込まれると予想している。

VanEck によるこの最新の動きは、ビットコイン コミュニティとつながり、このデジタル資産に対する関心の高まりを利用する戦略的な取り組みを意味しています。 規制の状況が進化し続ける中、SECの承認をめぐる期待は、そのような製品が仮想通貨市場に与える可能性のある潜在的な影響を浮き彫りにしており、潜在的に仮想通貨市場をよりアクセスしやすく、より幅広い視聴者にとって魅力的なものにする可能性があります。

------- 
聖火リレートーチ アダム·リー 
アジアニュースデスク 暗号解読ニュース